サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

排水溝に落ちた子猫。救助活動を試みるも救出されたのは4日後。そこで訪れた素敵な出会い

Pocket

排水溝に落ちた子猫。救助活動を試みるも救出されたのは4日後。そこで訪れた素敵な出会い

2016年の6月28日。アメリカ・カリフォルニア州の車のバンパーの上にいた子猫。

保護しようとすると、子猫はバンパーから飛び降りそのまま排水溝へと落ちてしまうという事故がありました。

猫を保護しようとした方々はその後、地元のアニマルコントロールや消防署に連絡。子猫を助けて欲しいと要請しましたが、猫を救い出すことはできないと断られてしまいました。

そんな時、連絡を聞きつけてきたのが動物レスキュー団体の「Sierra Pacific Furbabies」のボランティアの人たち。

子猫が落ちてしまった排水溝を確認すると、彼らは子猫を救出する作戦を立て始めます。

子猫はどうやら排水口の緑にある直径60cmほどの穴に潜り込んでしまい、なかなか出てこれない状態でした。

そのため、レスキュー団体はラジコンカーに餌をくくりつけ、その餌で子猫をおびき寄せようと試みます。

しかし、警戒している子猫はなかなか穴から出てくることはありません。時間だけが過ぎていく中、誰一人として諦めることなく、レスキュー団体の人たちは信じて待ち続けました。

そして救出活動を始めて4日が経ちました。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook