サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

「スタローン」と名付けた犬の死が動物保護の仕事を続ける理由。アメリカの闘犬ビジネスの裏側を見た…

Pocket

動物保護法が進んでいるアメリカでは全米を通じて闘犬は違法です。しかし自宅の地下室や倉庫など手軽に始められるギャンブルとして、未だに根強い人気があります。


引き裂かれたような傷を負った犬「スタローン」

2009年7月、アメリカで人道的支援を行っている団体「Humane Society」が、闘犬によって傷つけられた数百頭の犬を救うための活動をスタートさせました。活動中、スタッフはひどいケガを負った犬を何匹も担当することになりますが、その中で彼らが最も心を痛めたという犬がいます。それは引き裂かれたような傷を顔に負った「スタローン」です。スタローンの悲惨な傷跡は、闘犬というスポーツの残酷な一面を映し出しています。

出典:youtu.be

2009年7月8日、闘犬を開催していた複数の団体から、数百匹の犬が救助されました。ミズーリ州でアメリカ史上最もひどい闘犬の現場で保護活動を進めていたのは、ラウディ・ショウさんが率いる動物救助チームです。犬たちは、緊急保護シェルターに移送されました。チームはそこで、ある1匹の犬を保護することになります。
 
「この犬が私たちを選んだのか、それとも私たちがこの犬を選んだのかはわかりません。私たちはこの犬を『スタローン』と名付けました。この子の性格と、彼が過酷な戦いを生き延びてきたということから付けた名前です」
 
ラウディは言いました。また当時のことを振り返り、次のようにも語ります。
 
「初めてスタローンを見たとき、様々なことが私の頭をよぎりました。まず考えたのは、スタローンが深刻な傷を負っており、早急に救急措置が必要だろうということでした。次に考えたのは、いったいなぜ人間は動物に対してこんなにもひどいことをすることができるのだろうか? ということです。本当に残酷なことです。私がこれまで見た中でも最もおぞましい光景がそこに広がっていました」

出典:youtu.be

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook