サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

「やる気がないなら辞めなさい」林先生が語る、厳しくも意味のある言葉に大反響

Pocket

『いつやるの?』『今でしょう』というフレーズで大人気になった塾講師、林先生。
そんな林先生の生徒のやる気の上げ方が的を得ていると視聴者の中で大反響になっています。

そんな厳しいけど、正しい意見を紹介させて頂きます

教え子のモチベーションをあげる為の言葉でした。

4月3日に放送されたテレビ番組『林先生が驚く初耳学』で受けた質問に対する

答えに、「まさにその通り」と共感の声が多数上がっています。

番組の中で林先生が受けた質問は、「教え子のモチベーションを上げるためにはどうするか?」という質問。

その質問に対して林先生は「やる気がないなら辞めなさいって言っちゃいますね」とぴしゃり。

人からそんなに影響を受けないという林先生が、

大学時代のゼミの先生に言われ、影響を受けた言葉が忘れられないという事です。

その言葉とは厳しい中にもその通りと思える内容でした。

嫌なら辞めなさい。勉強は贅沢なんだから。

世界中には家が貧しくて、勉強したくても働かなきゃいけない子どもたちがたくさんいるんですよ。

それにも関わらず、僕の前にいる生徒は、両親が面倒見てくれて学校に行かせてくれるだけではなく、

高い授業料を払ってくれる恵まれた環境にいる。

それなのにやる気にならない。

自分がいかに恵まれているかも分からない人間が、勉強したって意味が無い。

出典:www.mbs.jp

親の気持ちをストレートに代弁してくれたと視聴者は大反響を送っています

次のページでは実際にお話ししたシーンを紹介させて頂きます

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook