サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 感動

生への意欲が引き寄せた奇跡! 瀕死の状態から回復した「リブレ」の姿に涙…

Pocket

2016年7月4日(月)、その犬は、アメリカ・ペンシルバニア州ランカスターのブリーダーから、 動物愛護団体のSperanza Animal Rescue(通称:SPR)によって救い出されました。


ブリーダーに放置される…

保護された犬の名前は「リブレ」といいます。リブレは生後16週間のボストンテリアの雄の子犬。
 
保護された当時、リブレはとてもひどい状態でした。全身、毛包虫症疥癬という皮膚病に侵されて、毛がほとんど抜け落ちていたのです。そんな悲惨な状態のリブレの写真が匿名でSPRに送られてきました。
 
SPRのスタッフが写真に添えられていた住所に調査に行ったところ、リブレの所有者はなんと、動物を大切に飼い育てるはずのブリーダーだったのです。このブリーダーはリブレに対して何も治療を受させず、放置していたのでした… SPRがリブレを引き渡すように要求したところ、ブリーダーはそれに応じました。
 
救い出されたリブレはすぐに動物病院に運ばれました。

出典:www.facebook.com

生き残れるかどうかは「意欲」

リブレの目には潰瘍ができ、毛包感染症を起こした皮膚には二次感染が起きてウジが沸いていました。獣医にも、リブレが生き残れるかどうかの判断はつかなかったそうです。そして獣医は続けて、こう告げるのです。
 
「リブレが助かるためには、奇跡が必要だ」

出典:www.facebook.com

「リブレに生きたいという気持ちがなければ、彼は1週間前に逝っていたことでしょう。しかし、リブレには生きる意欲があったのです。彼にはいつか普通の犬として生きたいという思いが強かったのです。」
 
リブレを救助したSPRのスタッフはそのように語っています。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook