サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

ゴミのように放置されていた子猫を保護して育ててみると・・・?

Pocket

ゴミのように放置されていた子猫を保護して育ててみると・・・?

海外に住むアーリン・マーティンスさんが犬の散歩をしていたときのこと。
道端に捨てられているビニール袋から、ガサガサと音がするのに気がつきました。

不思議に思って近づいてみると、中からかすかに鳴き声が…
固く結ばれていたビニール袋を大急ぎで開けると、アーリンさんは絶句しました。

結び目をほどいて、中から現れたのは…

なんと、まだ生まれて間もない小さな子猫だったのです。
長いあいだ放置されたままだったのか、子猫の身体は濡れており、
とても弱りきった状態でした。

アーリンさんは子猫を抱えて自宅までとんで帰りました。
子猫は興奮したようすでひどく怯えていたため、
落ち着くまでに時間がかかったといいます。

ようやく子猫が落ち着くと、まずはお風呂に入れました。
汚れを綺麗に洗ってあげながら、
冷え切った身体を優しく温めてあげます。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook