サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 感動

サーカス団からの虐待に病気… ボロボロの虎が救出され、美しい姿を取り戻す

Pocket

とあるサーカス団で飼われていた生後9ヶ月のベンガル虎「アーシャ」。体重はわずか13kgほどと、同じ歳の平均体重のおよそ4分の1しかありません。体毛もところどころ抜け落ち、地肌が痛々しく見えていました…


サーカス団から救出!

アーシャはその外見からも、病気を患っていることは明らかでしたが、サーカス団は適切な治療を受けさせていませんでした。

そんな中、幸運にもアメリカ・テキサス州の野生動物保護センター(In-Sync Exotics Wildlife Rescue and Educational Center)が、アーシャの存在をキャッチします。そして彼女をサーカスから救い出すことに成功しました。

白癬という皮膚病だった

その後、アーシャは白癬(はくせん)と呼ばれる皮膚病にかかっていたことが判明します。同センターでは、日に2回薬を与え、薬を溶かしたお風呂にアーシャを入れて治療しました。最初、アーシャはこの「薬浴」をひどく嫌がったそう。スタッフは逃げる彼女を追いかけながら、やっとのことで浸からせていたといいます。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook