サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 感動

飼育放棄によって骨と皮だけになった体…餓死寸前だった犬の回復劇

Pocket

飼育放棄によって十分なご飯すら与えてもらえなかった1匹の犬が保護されました。ガリガリに痩せ細った体は骨と皮だけになっていて、まさに餓死寸前の状態だったのです。


餓死寸前だった犬を保護

あと数日でも保護するタイミングが遅かったら、その犬は死んでしまっていたかもしれません…
 
動物虐待は、なにも暴力だけではありません。動物が健全に生きていくために必要なものを飼い主が意図的に与えない「飼育放棄」という行為も卑劣極まりない動物虐待です。今回保護された犬は、その飼育放棄によって十分なご飯も与えられず、まさに餓死寸前の状態で救出されました。

出典:youtu.be

その体はガリガリに痩せ細り、文字通り骨と皮だけです。自力で立ち上がる筋力も気力もありませんでした。

細心の注意を払いケア

今にも餓死してしまいそうな場合、急にご飯を与えることは実は危険なのです。餓死してしまうほどの空腹時に食べすぎてしまうと、血圧低下によるショック死、消化不良による嘔吐や下痢を引き起こす可能性があり、胃痙攣や腸痙攣といった病気を発症することもあります。動物保護団体のスタッフは最新の注意を払いながらケアに臨みました。

出典:youtu.be

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook