サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

Googleストリートビューに写っていた1匹の犬。飼い主を待ち続け10年間その場所から離れずにいた

Pocket

Googleストリートビューに写っていた1匹の犬。飼い主を待ち続け10年間その場所から離れずにいた

ある日、ジェニファーさんという女性がGoogleストリートビューを見ていると、
1匹の犬が写っていました。

ジェニファーさんは、この犬のことが頭から離れません。
そこで、早速その場所に行ってみたといいます。そこには、ボサボサの毛をした犬がいました。
その犬はあまり元気がないようでした。

それから半年、彼女はその犬に「ソーニャ」と名前を付け様子を見ていました。
どうにかして「ソーニャ」を救いたい、
そう考えたジェニファーさんは思い切って動物保護団体「Hope For Paws」に連絡をしました。

動物保護団体「Hope For Paws」は、すぐに「ソーニャ」を保護しようとしますが、
人間を警戒していて、近づくと離れていってしまうようです。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook