サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

男性は彼にミルクを与えて育てた。再び出会った瞬間、当初感じていた緊張が一瞬にして解けた。

Pocket

男性は彼にミルクを与えて育てた。再び出会った瞬間、当初感じていた緊張が一瞬にして解けた。

ある生物学者が、あるゴリラとの再会を遂げます。最後に彼らが会ったのは、ゴリラの「クウィビィ」が野生へと返された5年も前のことでした。
しかし、クウィビィは育ての親である人間をずっと覚えていたのです。

アスピナル財団は、約10年程前からイギリスにあるハウレット野生動物公園、
そして西アフリカの保護区でのゴリラの野生復帰に取り組んでいます。

オスのゴリラのクウィビィも、5歳になるまでハウレット野生動物公園で育てられました。

当時、クウィビィの飼育を担当していたのは、ゴリラ・プロジェクトの責任者であった生物学者のデミアン・アスピナルです。

クウィビィが野生に戻れるようにデミアンは彼にいろいろなことを教え、毎日を一緒に過ごしていました。

やがて5歳になったクウィビィは、西アフリカの保護地区の森林に離されました。

それが5年が経過したころ、デミアンはどうしてもクウィビィがちゃんと暮らせているかどうか知りたくて、様子を見に行くことにしたのです。

川を下りながら、デミアンがゴリラを呼ぶ声を出します。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook