サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

余命わずかの女性の腕に駆け込んだものに看護婦たちはショックを受けた。そして涙が溢れだす。

Pocket

余命わずかの女性の腕に駆け込んだものに看護婦たちはショックを受けた。そして涙が溢れだす。

ブラジルのポルトアレグレに住む49歳のレハネ・チリさんは、この動画が撮られた数ヶ月前にガンであることを告知されました。

悲しいことにガンは身体中に移転し、末期の状態でした。

病気が進行し、病院から離れることできなくなってしまったレハナのもとを、家族や友達が毎日のようにお見舞いに訪れました。

しかし、とても大切なある友人がまだ来ていないことに、レハネは心を痛めていました。

それは、飼い犬のリッチーでした。

子犬の頃から飼っていた、彼女にとっては大切な家族でした。

レハネは、もう長いことリッチーなしの生活を続けていて、精神的にも辛い状態が続いていました。

リッチーに会えないまま死んでしまうことに不安を感じたレハネは病院に面会を許可してくれるようお願いしますが、

安全面の不安からか、なかなか許可は降りませんでした。

レハネ本人の体も非常に弱っていて、感染などのリスクもありました。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook