サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

一体なぜ… 保護された後も抱き合う2匹の子犬に胸がしめつけられる…

Pocket

一体なぜ… 保護された後も抱き合う2匹の子犬に胸がしめつけられる…

ベトナムの尼僧は、ある日2匹の子犬に出会いました。
やせ細り、弱々しかった2匹は、不安そうにお互い寄り添い合っていたそうです。

しかし、道行く人たちは誰も目を向けようとしません。
まだ小さな2匹に、救いの手を差し伸べようとしなかったのです。

「このままだと大切な命が失われてしまう…!」そう思った尼僧は、
居ても立っても居られず、すぐに2匹をお寺で保護することに決めました。

無事に保護された後、
茶色い子犬は黒い子犬を守るように抱きしめて離さなかったそうです。

幼くして野良犬となってしまった2匹は、どれだけの辛い経験を乗り越えてきたのでしょうか…。
安全な場所でも、身を寄せ合う2匹を見ていると胸がしめつけられます。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook