サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

妊娠中のダックスフントは恐るべき秘密を隠し持っていた。ついに出産の時を迎えたとき、驚いた。

Pocket

妊娠中のダックスフントは恐るべき秘密を隠し持っていた。ついに出産の時を迎えたとき、驚いた。

マリアと名付けられた半身不随のこのダックスフントを初めて発見したとき、動物保護団体のスタッフは言葉を失ったといいます。

飼い主に捨てられていたマリアは、肋骨から下の感覚を失っており

、大量のノミが身体についていたことが原因で貧血状態となっていただけでなく、多くの感染症に苦しんでいました。

しかし、それだけではありませんでした。マリアは妊娠していたのです。

マリアは、出産のための帝王切開手術が3000ドルかかると知らされた前の買主に、半身不随の状態で、妊娠したまま捨てられてしまいまったのです。

全身をノミに覆われ、ヒドい貧血状態でした。

検査の結果、マリアの少なくとも数か月前から半身不随の状態で、栄養失調と、数多くの感染症に冒されていることがわかりました。

しかし、お腹の中の子供たちのためにもマリアは必死に生きようとしていました。

そして、2014年8月4日、帝王切開手術でマリアは元気な子犬たちを出産しました。その数は7匹!

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook