サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 驚き

突然搬送されてきた犬。左前足はかろうじて繋がっていたが左前足は完全に切断されていた。

Pocket

ある日、1本の電話を受けたタイの動物保護団体『Soi Dog Foundation(SDF)』。搬送されてきた犬の姿を見た医療スタッフは、大きなショックを受けます。


突然搬送されてきた犬。左前足はかろうじて繋がっていたが左前足は完全に切断されていた。

犬の名前はコーラ。左前足はかろうじてつながっていましたが、右前足は完全に切断されていました。

コーラは、おばあさんに飼われている生後8ヶ月の子犬。

ある日、やんちゃな性格のコーラは隣人の敷地に侵入し、落ちていた靴を噛んでボロボロにしてしまいました。

その姿を見た隣人の男性は、激しく怒っており。おばあさんは必死に謝罪し、弁償をすると話したそうです。

しかしその夜…男性はおばあさんの家に乗り込むと、刃物でコーラの両前足を切断したのです。

「誰かに、このことを言ってみろ!お前が飼っている他の2匹を殺してやる!」

あろうことか、男性はおばあさんにこう言い放ちました。

おばあさんが泣きながらSDFに相談すると、SDFは警察に通報。男性は連行されることになったのです。

手術を受け生死の境をさまよった後、なんとか一命をとりとめたコーラ。

しかし、両前足を使って歩くことはできなくなってしまいました。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook