サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

両親はお別れが言いたかっただけ。でも瀕死の娘がしたことに皆が驚いた。

Pocket

両親はお別れが言いたかっただけ。でも瀕死の娘がしたことに皆が驚いた。

フランチェスカとリー・ムーア-ウィリアムズは、ロンドンに暮らす夫婦です。

2人の間には、息子ボビーと娘ベラがいます。

この若くて幸せな4人家族に、あんな悪夢のようなことが起きるなんて、誰が予想できたでしょうか。

当時、娘のベラは18か月でした。

何も問題なく生まれ、両親と兄からたっぷりに愛情を受けて順調に育っていました。

ベラは、家族にとって太陽の日差しのような存在でした。

しかしある日、旅行中にベラは体調を崩してしまいます。

最初は風邪と思っていたフランチェスカとリーですが、突然髪の毛を失い始めた娘を見て混乱と恐怖に襲われます。

急いでロンドンへと戻り、その足で娘を病院へと連れて行きました。

医師の診断結果は厳しいものでした。

ベラの脳機能に異常が発見されたのです。

その後、小さな娘の容態は日を追うごとに悪くなっていきました。

体は人工呼吸器と無数のチューブに繋がれました。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook