サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 感動

3度目の正直! 悲しい運命を辿ってきた保護犬の鳴き声が引き寄せた奇跡

Pocket

シェルターから里親の元にようやく引き取られた保護犬。それも束の間、その保護犬はわずか2日後に再びシェルターに戻されてしまいます。彼はショックが大きすぎて、保護施設内を落ち着きなく歩き回り、鳴き続けていました…


保護犬の「ジュース」

2015年、「ジュース」はアメリカ・メリーランド州ダーウッドにある、モンゴメリー郡動物保護センター(Montgomery Country Animal Services & Adoption Center)に連れてこられました。彼の最初の飼い主が保護センターにジュースを連れてきた理由は、「引っ越し先に、ジュースを連れて行けない」でした。

出典:youtu.be

ジュースは、スタッフォードシャー・ブル・テリア。この犬種は、明るく人なつっこい性格とである同時に、闘犬としての本能も強く残っているため、手放す人が多い犬種でもあります。 飼い主から捨てられてしまったジュースですが、シェルターでの暮らしぶりは、問題行動もなく、とてもかわいらしく、のんびり過ごしていました。
 
そんなシェルターでの暮らしにも慣れ、10ヶ月を迎えようとしていたある日、ようやく里親が現れました。しかし、これが彼に悲しい運命をもたらすことになろうとは、スタッフもジュース自身も、知る由もなかったのです。

わずか2日で…

10ヶ月のシェルター暮らしを終え、ようやく里親と暮らせると、スタッフたちは飛び上がって喜びました。 ところが、ジュースの幸せはわずか2日間しか続かなかったのです。里親になった2番目の飼い主が放棄した理由は「自分たちの家族としてふさわしくない」という身勝手なもの。そんな理由で、ジュースをシェルターに連れ戻したのでした。

 

出典:youtube.com

なんという悲劇なのでしょうか。喜びから悲しみへと急展開してしまったジュースの運命は、彼自身のハートを大きく傷つけてしまいます。 シェルターに戻されたジュースは、悲しみのあまり、延々と鳴き続けることしかできませんでした。しかも、口をパクパクさせて鳴くのを我慢しています。ときにクンクンと鳴き声が漏れてしまうジュースの悲しみが、深く胸に刺さります。

 

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook