サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 感動

高速道路で取り残され瀕死の状態に… レスキュー隊ですら諦めた子猫の命を救った男性

Pocket

高速道路に取り残さ、絶体絶命の状態だった子猫を救った、勇敢で心優しい男性の物語をご紹介いたします。


フェンスに必死でしがみつく…

なんともかわいらしい姿でこちらを見ている子猫。

出典:www.lovemeow.com

実は発見当初は、高速道路の中に、かなりひどい状態で取り残されていました。最初にこの子猫を発見したのはリチャード・クリスチャンソンさん。フェンスに必死にしがみついて、助けを求めて鳴いている姿を見た瞬間、「すぐに助けなければ、まずいことになる!」と思ったそうです。

出典:www.lovemeow.com

しかし、高速道路を通り過ぎる人たちの中に、子猫を助けようと車を止める者は誰ひとりいませんでした。
 
「みんな猫が車に轢かれて死んだだけだと思って、助けようとしないんです。信じられない。あの猫は生きていたのに…。恐くて、脱水状態にもなっていたし、動けなかったんだ。」
 
リチャードさんはそのときの状況をこのように説明します。レスキュー隊にすら、危険すぎるから猫を助けるのは諦めた方がいいと言われました。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook