サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

新しい飼い主が見つかるまでは…強面な警察官が見せた、保護した子犬への優しい愛情

Pocket

優しい警察官が見せた素敵なやさしさ

新しい飼い主が見つかるまでは…強面な警察官が見せた、保護した子犬への優しい愛情

アメリカはフロリダ州のレイクランド警察署に所属のカリーム・ガリバルディ警察官は
土曜の早朝のパトロール中にピットブルとボクサーの雑種らしき子犬を保護しました。
道で迷っていた状態だったので、危うく子犬を轢いてしまうところでした。

ガリバルディ警察官は、長い勤務の後で大変疲れていました。しかし、子犬にはマイクロチップが装着されていなかった上に、首輪もしていませんでした。

飼い主を探すことは絶望的と判断したガリバルディ警察官は、一旦は子犬と共に警察署に戻った後、自宅に連れて帰ることにしました。

これが、彼の『子犬に新しい飼い主が見つかるまでの』長い2日間の始まりでした

翌日、ガリバルディ警察官は再び子犬の飼い主を探そうと試みましたが、上手く行きませんでした。

この日、彼は12時間勤務の3日目であったにも関わらず、健康状態をチェックするために、

子犬をアニマル・シェルターSPCAフロリダに連れて行きました。

そこで出勤したアニマル・シェルターのマネージャー、コニー・ジョンソンが

目にしたのは、とても心が暖かくなるような光景でした。

「建物に入ったとき、彼と子犬がいるのが分かりました。どちらもとても疲れている様子で、眠っていました。

彼は、『絶対この子犬を助けるぞ!』という感じで、その光景に心を鷲掴みにされました。」と、彼女は語っています。

子犬が獣医の検査を受けている3時間の間、ガリバルディ警察官はずっとアニマル・シェルターで待っていました。

幸運にも、子犬にはダニが数匹いた程度で、健康状態は良好だと分かりました。

コニーは振り返ります。「彼は自分のことより子犬を優先していました。だから、

家に帰って睡眠を取るなんて考えてもいなかったようです。彼は子犬を助けることだけを考えていたのです。」

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook