サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

男性が迷子の犬を拾った。数日後、彼は自分の目を疑った。

Pocket

ピットブルの変な噂は間違いだとわかる記事です

男性が迷子の犬を拾った。数日後、彼は自分の目を疑った。

ある特定の犬種に対して、人は極端に異なる意見を持っている場合があります。ピットブルはその中の一つです。
もちろん大好きな人もいれば、危険犬種だからと怖がる人も多くいます。
いずれにせよこの犬に会うときは、何らかの感情を抱いているはずです。

ある日、ニューヨーク在住のジョンが飼い犬のデモとブルックリンの辺りを散歩していると、
1匹のピットブルの子犬に文字通りつまずきました。
最初はデモとこの野良犬が喧嘩でもするのではないかと心配しましたが、2匹はすぐにお互いが気に入ったようでした。

近所の住人に訪ねても誰もこの迷い犬に見覚えがないようだったので、ジョンはこの子犬を家に連れ帰りました。

ジョンはこの子犬をブリンクスと名付け、掲示板にお知らせを出したり、ポスターを貼ったりして飼い主を探し始めました。

ブリンクスの引き取り手が現れずに1ヶ月経ったころ、ジョンは、この犬と自分はきっと運命付けられていると悟ったといいます。

こうして家族の新しい一員として迎えられたブリンクスは、ジョンにとってかけがえのない存在になりました。

ブリンクスを引き取って間もなく、ジョンは子犬のユニークな特徴に気がつきます。

ブリンクは、幸せだと感じているとき、ちょうど人間のようににっこりと笑うのです!

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook