サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

彼女の育ての親は祖父だった。しかしこの20歳の女性の部屋で見つかったものは切なすぎた。

Pocket

彼女が気づいた大切なこととは?

彼女の育ての親は祖父だった。しかしこの20歳の女性の部屋で見つかったものは切なすぎた。

父親が突然姿を消すというのは、どんな子どもも家族も体験すべきではない辛いできごとです。
一生消えることのない事実となり、去っていった父親への自分の感情を整理するのは非常に難しいことです。
残される人たちのことを顧みず、家族を捨てて新たな人生を歩むことにした父親に対して、あなたならどう感じるでしょうか?

ある母親が娘の部屋に手紙を見つけます。
その手紙の中で娘は、自分を捨てて出て行った実の父親に対する感情にしっかりと向き合っていました。
もし自分がこの少女の立場だったら、なかなかできないことです。

「まだ会ったことのないお父さんへ

私はあなたの名前を知らないし、知ったからといって何をするわけでもないので知りたいとも思わない。

あなたはきっと私がこの手紙に、あなたのことをひどい父親と思っていることや、私を捨てて出て行った行為の恥を知れとでも書くと思っているかもしれない。

でも違う。私が伝えたいのは・・・

あなたを許したいということ。

私のそばにいてくれなかったことを許したい。
なぜなら、そのおかげで私は精神的に強くなれたから。
小さいころ、学校で父の日のイベントにはおじいちゃんが来てくれた。
『お父さんはどこ?』って聞かれるときには、いないと答えるしかなかったけど、でもお父さん役はちゃんといた。
おじいちゃんはすでに父親の経験があったから、私になどんなことを教えるべきかを知っていた。
誰にもどんなことにも負けちゃいけないって教えてくれた。
私がどんなところに行っても人間としていつだって対等に扱われるように。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook