サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

余命が数日だった犬に奇跡が起きた!二人の素敵な大冒険

Pocket

生きる事をあきらめない二人の素敵な大冒険

余命が数日だった犬に奇跡が起きた!二人の素敵な大冒険

アメリカの北東部に位置するニューヨーク州に、DJを生業とするトーマス・ニール・ロドリゲスさんとポーは暮らしていました。

15歳という長寿のポーの体は、腎不全と治療ができない2つの大きな腫瘍に蝕まれていました。
2015年2月、獣医からは、「ポーに残された余命は、あと数日と思われます。」と告げられました。

ポーとの出会いは、1999年の年末に訪れたニューヨークのシェルター。ポーはまだ生後8週間の子犬でした。
あの日から二人で過ごしてきた長い時間が、はかなく消えかけようとしていたのでした。

ちょうどその頃、ロドリゲスさんは、婚約者と共に、全米35都市を車で横断する計画を立てていました。

ポーは、ピットブルとラブラドールのミックス犬です。もともと遊び好きで、いろいろなことに興味深々です。

愛犬の余命を告げられ、計画を中止することもできましたが、ポーらしい最期の時間を過ごさせてあげる道を選択しました。

愛犬に残された大切な時間。
三人で作る、最高の冒険の旅「ポーの大冒険」の一瞬一瞬が、こうしてインスタグラムに刻まれていったのです。

飼い主が予測したとおり、ポーは、この大冒険の日々に大満足です。
旅先で初めて見る素敵な景色は、ポーの心をウキウキさせ、ポーの体の腫瘍をも治してくれる薬になっていきました

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook