サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 感動

神経障害により前脚の機能を失った犬。安楽死を勧められるも、飼い主は決して見放さない

Pocket

1歳になるゴールデンレトリバーの「Rexi」は、生後10週目あたりから脚を引きずって歩くようになりました。飼い主さんのジェームズさんとレイチェルさんはRexiが捻挫してしまったと思い、動物病院へ連れて行き、X線を撮ったのですが、異常は見つかりませんでした。


原因不明のまま前脚の機能を失う

その後、原因が不明のまま時間だけが過ぎていきます… ついにRexiは2本の前脚の機能を完全に失ってしまいました。獣医師の最終的な診断結果は、「神経学的問題」で治る見込みはないとのことでした。ジェームズさんたちはRexiの安楽死という選択肢も勧められたそうです。

出典:barkpost.com

出典:barkpost.com

安楽死を勧められたジェームズさんたち。「Rexiは私たちにとって大切な家族の一員なんです」と、安楽死を選ぶことはしませんでした。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook