サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

海外の非営利団体が明るみにするサーカスの実態… あなたはそれでも行きますか?

Pocket

「サーカス」と聞くと、象が大きな玉に乗ったり、ライオンが輪をくぐったりと動物のパフォーマンスを家族全員で楽しむといったイメージが強いです。「動物と間近で触れ合える場」「動物たちの奇跡のパフォーマンス」と言えば聞こえはいいですが、その一方で最近ではサーカスに動物を使わないようにという抗議も多く見受けられるようになりました。


世界的に有名な非営利団体PETA

「サーカスで動物を使わないで!」
 
世界的に有名な非営利団体PETA(People for the Ethical Treatment of Animals)やLCA(Last Chance for Animals)は、この主張を力強く繰り返しています。このほど、PETAは中国のサーカスで飼われている動物たちの様子を明らかにしました。それはまさに動物虐待と言える内容です。動物たちが強いられた理不尽な「訓練」に思わず胸が詰まります。

出典:youtu.be

出典:youtu.be

出典:youtu.be

二本足で立たせるために首から釣られた小熊、芸を覚えさせるために棒で叩かれる虎、狭い檻に閉じ込められストレスでせわしなく動く猿…
 
動画ではこのような動物を前に、サーカスのスタッフが何の罪も感じず、訓練として当然のことをしているまでだと言わんばかりに振舞っています。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook