サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 感動

赤ちゃんの最期を看取った2匹の愛犬の姿に世界中が涙…

Pocket

生後4ヶ月の女の赤ちゃんが、脳卒中を起こし昏睡状態に陥ってしまいました。生命維持装置を付けたまま横たわる我が子。両親は子どもの命は助からないことを聞きます… 絶望の淵に立たされた両親と赤ちゃんを励ますかのように2匹の愛犬は片時も離れませんでした。


赤ちゃんの病気は深刻なものだった…

アメリカ・ミネアポリスに暮らすホール家に、待望の女の子の赤ちゃんが産まれました。しかし家族の喜びもつかの間、ノラちゃんと名付けられた赤ちゃんは、生れながらに「肺高血圧症」というとても深刻な病気を抱えていたのです。

出典:www.facebook.com

生後4ヶ月には脳卒中を起こして昏睡状態に陥ってしまい、そのままミネアポリス小児病院に緊急搬送され入院を余儀なくされます。 診断の結果、担当医師はノラちゃんに残された命の時間がかなり短いことを両親に告げます。ノラちゃんは、脳卒中により臓器のほとんどがダメージを受け、自力では呼吸もできない状態だったのです。

病室に愛犬を

ノラちゃんの体には生命維持装置が付けられ、かろうじて命が繋がれているものの、脳の右と左の両方の神経が損傷してしまい、脳そのものが委縮している状態です。血管も収縮し過ぎているため、投薬治療も行えません。
 
医師はホール夫妻に苦渋の表情でこう伝えました。
 
「ノラちゃんを生命維持装置だけで生かしていてもまったく治療が行えない状態で、2回目の脳卒中や心臓麻痺が起きるのを待っているような状況です。そうなれば命の保証はできません。お辛いでしょうが、生命維持装置を外してノラちゃんをラクにさせてあげることを考えてください。」
 
さらに「愛犬のバセットハウンドたちを、どうぞ病室に連れてきてあげてください。」と両親に伝えました。

出典:www.facebook.com

4ヶ月前、ノラちゃんが産まれてからというもの、2匹のバセットハウンドたちは毎日嬉しそうに赤ちゃんの顔を覗き込み様子を伺っていました。その話を医師も聞いていたので、愛犬との対面を勧めたのでした。 病室に入った愛犬がノラちゃんのベッドに乗せてもらうと、心配そうに寄り添って離れなかったといいます。ハウンドは特に群れの意識が強い犬種です。きっと自分の娘のようにノラちゃんを愛していたでしょうし、命がそう長くないこともわかっていたのでしょう。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook