サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 感動

「すべての野良犬を幸せにしたい」わずか9歳の少年の想いが起こした「ある奇跡」とは

Pocket

野良犬に野良猫、家のない動物たちを助けるために、シェルターを作りたいと夢を見ていた9歳の少年がいます。ある日、野良犬たちにご飯をあげている様子が、インターネット上にアップされると多くの寄付金が。そして少年は、その寄付金によって夢を叶えるのでした。


野良犬のためにシェルターを

フィリピン在住の動物好きの少年、ケン(9歳)。彼には夢がありました。それは、「飼い主のいない動物たちを保護するためのシェルターを作ること」。しかし現実問題として、それを作るにも多くのお金が必要になります。もちろん、そんなお金を9歳のケンが工面できるはずもありません。ところが、ある出来事からケンの夢は現実のものとなります。
 
こちらの少年がケンです。

「今はシェルターは無理でも、少しでもできることをしたい」
そんな願いから近所の野良犬たちの世話をよくしていました。しかし野良犬たちの身体の状態はとても良いとは言えません。この白い犬は疥癬(かいせん)を患っていますが、その治療費すら9歳の少年にとっては高額です。

それでもケンは、野良犬たちとスキンシップをよく取って、せめて心だけでもケアしようと励みます。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook