サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

全盲で暗闇の世界にいた犬、ゴミ溜めの中で生きることが身を守ることだった…

Pocket

動物保護団体に、ゴミ溜めの中に犬いるとの連絡が入りました。急いで現場に急行すると、そこは臭くて汚いゴミの山。そして驚くべきことに、ゴミの山にまみれて1匹の犬が身を震わせていたのです。


全盲であるからこそ

入ることもためらってしまうほど不衛生なゴミ溜め。なぜこの犬はこんな場所で生活をしていたのでしょうか。

出典:youtu.be

実はこの犬は盲目だったのです。 少しの光すら見えない暗闇の中で生きていたのです。そんな状態でありながら、この犬には当然守ってくれる人もいません… そんな状況でも生きていくために、この犬はあえて誰も近寄ってこない場所を選んだのです。 全盲の犬にとって、誰も近寄ってこないほどの不衛生なゴミ溜めは、自身を守ることができて落ち着ける、「安全な場所」だったのです。

出典:youtu.be

無事に保護され清潔な体に…

保護団体のスタッフが近づく気配を感じて怯える犬。しかし、盲目だったこともあり逃げることもできませんでした。 今回この場所にやってきた人間が保護団体のスタッフだから良かったものの、もし心無い人間や攻撃的な野生動物だったら、この犬の命は危険に晒されていたでしょう。

出典:youtu.be

無事に保護はされましたが、やはり体中にノミやダニが寄生していました。保護団体の手によって、すぐさまシャンプーと毛のカットを施します。 これで幾分、清潔な体を取り戻しました。

出典:youtu.be

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook