サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

ポケモンを探しに公園に行くと代わりに見つけたのは…捨て犬!その後の人々の対応に感動

Pocket

タイミングと人の優しさが起こした素敵な奇跡

ポケモンを探しに公園に行くと代わりに見つけたのは…捨て犬!その後の人々の対応に感動

世界で大フィーバーを巻き起こしているアプリゲーム『ポケモンGO』。
テキサス在住のケイトリン・コウツさんと、ティファニー・レヴェイさんも、その熱狂的なプレイヤーです。

ある日、彼女はポケモンを捕まえるためにチェンバーズ公園を訪れました。
レアポケモン出現の知らせが鳴り響き、画面に示された方向へ行ってみると….

「プリン(ポケモンのキャラクター)じゃなくて、子犬を見つけたの!」

なんと向かった先で、1匹の捨て犬を発見したのです。
まだ生後4か月ほどの子犬はゴミ袋と一緒に横たわっており、口から血を流していました。

「子犬は動けない状態だったから、どこかケガしているんじゃないかと思って…
良くみたら後ろ脚が折れていたの。
歯茎も変色して紫色になっていたし、耳にも異常があったみたい」

ケイトリンさんとティファニーさんは近くにいた人たちに、
子犬について何か知っていないか聞いて回りました。
しかし飼い主はどこにいるのか、なぜケガをしているのか、
何一つ分かる人がいません。

そんなとき、突然ケイトリンさんの携帯に1本の電話が入ってきたのです。

電話は家を出る前に注文していたピザの宅配からでした。
ケイトリンさんは、電話をかけてきた宅配スタッフのスカイラー・ジャークさんに今の状況をすべて説明しました。

「プリンを捕まえたら、すぐ帰るつもりでピザの宅配を頼んだのだけど…
向かった先の公園でひどいケガをした子犬を見つけたの。」

するとスカイラーさんは、子犬をみるためにチェンバーズ公園に来てくれたのです。
救命士の資格を持っていたスカイラーさんは医療キットを携帯しており、
動物にも対応することができました。
そして早急に応急処置をしたあと、子犬をつれて急いで動物病院へ向かいました。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook