サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 感動

自分を救ってくれた女性を探して300kmの道のりを歩いた犬。その愛情の深さに涙…

Pocket

厳しい寒さが続く冬のロシア。犬の「シャビ」は不運にも車にひかれてしまいます。2本の足を骨折し、道路に横たわったまま死を待つだけの状態となるシャビ。しかしそこに偶然通りかかった心優しい女性のお陰で、病院で治療を受けられることになったのです。


女性の自宅で療養

病院で治療を受けたシャビ。そのあと、シャビは命を救ってくれたその女性、ロストフ州の都市ロストフ・ナ・ドヌに住んでいるニーナ・バラノフスカヤさんの自宅で療養することとなりました。シャビが回復するまでの6ヶ月間、ニーナさんはシャビがもう一度歩けるようになるためのリハビリに付き合います。それだけではなく、基本的なコマンドも理解できるようにトレーニングを行いました。

頭の良いシャビはコマンドなどはすぐに習得したものの、事故のせいで人間や車への恐怖心は強く、それを乗り越え、外の世界に慣れるまでには時間がかかったそうです。

回復後、ニーナさんの友人の元へ

回復した後、シャビはおよそ300km離れた田舎に住んでいるニーナさんの友人に引き取ってもらえることになりました。

ニーナさんは、「本当は自分がシャビをそのまま引き取ってあげたかった」と語ります。しかし、すでに3匹の猫と2匹の保護犬を抱えていた彼女のアパートには余裕がなく、さらには、十分な愛情を与えてあげる時間もないだろうと苦渋の決断を下したのでした。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook