サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

倫理観を問う! 先天性奇形を持った子犬を繁殖し続けたブリーダー

Pocket

アメリカには望ましくない環境で子犬を繁殖させる「パピーミル」の他に、民間人が裏庭で子犬を繁殖させる「バックヤードブリーダー」(裏庭繁殖家)がいて、どちらも問題として取り上げられることがあります。今回ご紹介するのは、先天性奇形の可能性が高いと知りながら、子犬を繁殖し続けたとあるバックヤード・ブリーダーのお話です。


バックヤードブリーダーの存在

みなさん、「バックヤードブリーダー」という言葉を聞いたことはあるでしょうか? 直訳すると、「裏庭繫殖家。いわゆる、素人の犬の繁殖家です。 別名、「ホビーブリーダー」とも呼ばれ、パピーミルとともに犬の数が増え続ける原因のひとつとして、アメリカでは問題視されています。
 
アメリカ・ロサンゼルス郡では、毎年保護シェルターで失われて行く犬猫の命を救うべく、2013年から新しい条例が施行されました。その条例では、「営利目的で繁殖された犬・猫・ウサギなどの店頭販売を禁止する」と定められています。 したがって、素人が無許可で動物の繁殖を行い、販売することは違法とみなされ、取り締まりの対象となります。

出典:chikyu-jack.com

バックヤードブリーダーの問題点

ロサンゼルス郡では、プロのブリーダーは、郡より求められるすべての条件を満たした上で繁殖を行わなければなりません。 まず繁殖を行うには、犬1匹につき235ドルを郡に支払って許可書を発行してもらう必要があります。また繁殖は1匹につき年1度と定められています。 他にも、犬の健康状態を管理することやマイクロチップを装着させること、ワクチン接種を行うことなどの規定もあります。

出典:petfilm.biz

バックヤードブリーダーたちは、言ってみればわれわれの近所の住人たちで、一見善良な市民です。しかし問題は、彼らがこれらの条件を満たした上で繁殖を行っていない場合があるという点です。 お小遣い稼ぎという名の営利目的に走り、特定の犬種に関する知識もないまま無理な繁殖を繰り返すバックヤードブリーダーも珍しくありません。バックヤードブリーダーに繁殖された子犬には血統書もありませんが、通常、子犬1匹につき100ドルから1,000ドルぐらいの価格で販売されています。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook