サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

余命宣告を受けながらも病気と闘い続けた5歳の娘のために両親が贈った盛大な誕生日パーティーに感動

Pocket

小さいながらもガンという大病と戦い続けた娘に両親が送った素敵な誕生日とは

余命宣告を受けながらも病気と闘い続けた5歳の娘のために両親が贈った盛大な誕生日パーティーに感動

日本のみならず、子どもの死因の第一位は何だと思いますか?
事故を除くと「小児ガン」が最も多いのです。
世界中で250000人以上、日本では約2000人~2500人の子どもが毎年小児ガンと診断されています。
小児ガンは現在では70%は治る病となりましたが、
治療プロセスはまだまだ長く小さな子供たちにとって、とても過酷なものです

そんな中、アメリカで過酷な治療に取り組む一人の女の子に、
両親が贈ったプレゼントの内容が話題になっています。

アメリカ・オレゴン州、フッドリバー在住のリラ・メイちゃんは
2歳の時にステージ4の神経芽腫と診断されました。

3年もの間、辛い治療に励んできたリラちゃんですが、
担当医師からこれ以上治療を続けることができないことと、
感謝祭まで生きられるかわからないわずか数ヶ月の命であるという余命宣告を受けました。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook