サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 感動

盲目になり捨てられた3匹の兄妹猫。「闇」の世界で光となっていたのはお互いの存在だった

Pocket

2014年のクリスマス。ドバイで猫の3兄妹が発見されました。この3匹の猫はいずれも、以前の飼い主が猫インフルエンザを放置し続けたことで視力を失い、そのまま倉庫に置き去りにされていたのです。幸いにもその後、2匹は施設へ保護され、残った1匹兄猫「ブルー」は以前の飼い主の隣人に引き取られることになります。しかしブルーは連日声が枯れる程鳴き続けるのでした…


過酷な生涯を送る

こちら、目を閉じたままもう2度と開けることが出来なくなった3匹の兄妹猫「ブルー」、「メドゥ」、「リトルウィロー」。今でこそ優しい里親の元で幸せな生活を送っている3匹ですが、しかし、彼らがこれまで送ってきた生涯はとても過酷なものでした。

飼育放棄で光を失う

2014年クリスマスに、ドバイのとある倉庫で見つかったこの3匹の猫。兄妹同士寄り添うようにして生活していた彼らは悲しい共通点を持っていました。
 
それは「盲目である」ということ。

この兄妹猫は「猫インフルエンザ」と呼ばれる猫特有の感染症により光を失いました。もちろん、それは適切な治療を受けられれば治るはずのものだったのですが、以前の彼らの飼い主はそうはせず、そのまま放置し続けたことで状態が悪化したのです。目を失うという最悪の結果を招き、またその後、彼らの飼育そのものも放棄して倉庫に置いたまま去っていってしまいました。
 
幸いにも彼らの存在を知っていた隣人が3匹を保護、そのうち2匹は施設へ引き取られ、一番上の兄・ブルーはその隣人に引き取られることになりました。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook