サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 感動

「親友」を失った足の不自由な老犬に生きる希望を与えたのは、意外にもあの動物でした

Pocket

後ろ足が次第に麻痺していく病気を患うボクサー犬。保護施設で知り合った同じ病を持つ親友にも先立たれ、ひとりぼっちになってしまいます。生きる希望を見失いそうになったとき、この犬に再び光を当てたのは、意外な動物でした。


ボクサー犬の「レックス」

野良犬だったボクサー犬の「レックス」が保護されたのは10歳のとき。後ろ足が次第に麻痺していく病気を患っており、そのまま保護犬シェルターで安楽死を待つ身でした。しかしボクサー犬の愛好者たちがなんとか救い出そうと、動物保護団体「レオ・パピーミル・サバイバー」に連絡し、その後の人生をその保護団体が所有している施設で過ごすことになりました。

出典:www.thedodo.com

動物保護団体「レオ・パピーミル・サバイバー」

2015年10月、レックスはアメリカ・カリフォルニア州のオレンジ郡で野良犬として保護されました。このとき、レックスは「変性性骨髄障害」を患っていたのです。これは後ろ足が次第に麻痺していく脊椎の病気。この病気のために、この施設にいる限りは為す術がなく、最終的には「安楽死」が待っていたのです。
 
その話を聞きつけたカリフォルニアのボクサー犬愛好家たちが、特殊な障害を持つ犬を救う方法を探そうと立ち上がります。そのときに名前が挙がってきたのが、動物保護団体「レオ・パピーミル・サバイバー」でした。
 
この保護団体「レオ・パピーミル・サバイバー」は2014年にコロラド州エイボンで設立され、ホリー・ウォルサーズさんが運営しています。「劣悪な環境の施設から犬を救うこと」を主な活動内容としており、犬たちを収容する設備があるのです。

出典:www.thedodo.com

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook