サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 感動

「かませ犬」になりかけた子犬。救ってくれた「お父さん」に甘える姿に安堵の涙…

Pocket

闘犬の「かませ犬」になる予定だった生後3ヶ月の子犬。劣悪な環境から救い出してくれた動物保護団体スタッフへの恩は時が経っても決して忘れることはないようです。


虐待され、毛は抜けて…

生後3ヶ月だった子犬の「モジョ」。虐待され、やがて「かませ犬」として闘犬に送られる予定でした。
 
闘犬のかませ犬… 若い闘犬には、「勝つ味」を覚えさせるために、まず弱い犬をあてがうそうです。その弱い犬が「かませ犬」です。戦い方の分からない若い犬のために犠牲になる、モジョにはそんな悲しい運命が待っていたのです。
 
動物保護団体Baie Ste Marie Animal Societyのスタッフ、ジョーイ・ワグナーさんがかけつけたとき、モジョは皮膚病の疥癬(かいせん)で毛が抜けて瀕死の状態でした。

出典:www.facebook.com

ワグナーさんがすぐにモジョを病院に連れていくと、あと数時間しか生きられないだろうという診断でした。しかし懸命の治療で、モジョは命をとりとめたのです。

出典:www.facebook.com

数週間後に対面

ワグナーさんがモジョを救った日から数週間後、ふたりはひさびさに対面することになりました。
 
日にちが経っているため、周囲は、モジョがワグナーさんのことがわからないのではないかと心配しました。しかしその心配は無用だったようです。モジョはワグナーさんを自分の「お父さん」であるかのように甘えるのです。

出典:www.facebook.com

モジョには引き取りの申し出もありましたが、病気のため通常の引き取りは困難だったそうです。そこでワグナーさんがモジョを飼うことになりました。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook