サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

小さな少女に献身的に寄り添う犬。少女が感謝を気持ちを示すため、犬にしてあげた事とは

Pocket

優しさに大して優しさで返す。とても素敵な事ですね

小さな少女に献身的に寄り添う犬

ベラ・バートンは、アメリカのマサチューセッツ州ウーバンに住む11歳の少女です。

8年前、彼女の成長が2歳で止まってしまったとき、両親はどうしていいかがわかりませんでした。

当時の医師も、ベラの体に何が起こっているのかをはっきりと解明することができませんでした。

その後、ベラは「モルキオ症候群」と呼ばれる希少な遺伝病であることが判明しました。ベラの成長は、ある特定の酵素が欠如により止まってしまったのです。
難病とされるこの病気は、低身長だけでなく、体内の主要な器官系に障害を引き起こします。
ベラは、心臓の疾患、背骨の弱体化、両足の麻痺などの障害を持っています。

そのためベラはこれまでに9回もの手術を受けましたが、移動には杖、または車いすが必要です。
外に出て動き回ることが大好きなこの少女にとっては辛いことでした

しかし、ベラの家族があるとき、グレートデーン種の犬を医療サポート犬として訓練している団体を見つけ、すべては変わりました。

一家はその訓練施設を訪れ、ジョージという大きな犬に出会いました。お互いに一目惚れでした。
ジョージはベラのそばから離れようとしなかったそうです。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook