サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

竜巻で死亡した飼い主の腕の中には犬が・・・「大切にするから信頼してほしい」

Pocket

飼い主からの思い・・・

竜巻で死亡した飼い主の腕の中には犬が・・・「大切にするから信頼してほしい」

2015年5月11日、アメリカ・テキサス州のバンという町を巨大な竜巻が襲い、
多くの建物を破壊し、多数の被害者が出ました。
竜巻が去った後、1匹の犬が無残に破壊された家の残骸の中から発見されます。

犬の飼い主は、引退した警察官のデビット・タプリーさんと妻のブレンダさん。
2人ともこの竜巻で亡くなりました。
2人は寄り添うように倒れており、デビットさんの腕の中には犬がいました。

デビットさんは竜巻から犬をかばったのでしょう。
犬は切り傷や打撲を負い、鼓膜が破れてしまい、
耳が聞こえませんでしたが奇跡的に一命をとりとめたのです。

奇跡的に助かったグレートピレニーズ犬は、ほかの被災動物と一緒に愛護団体に保護されました。
するとすぐに同じテキサス州に住むミシェル・ショックレーさんが里親を希望し、
引き取られことになったのです。

ミシェルさんは、体も心も傷ついたこの犬を癒してあげたいと望んだのです。
犬は推定8歳くらいだということしか分からず、
ミシェルさんは「エマ」という名前を付けました。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook