サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

人間に虐待され、衰弱した小さな命。やがて子猫は微笑むように

Pocket

子猫は生きる事をあきらめない!!

人間に虐待され、衰弱した小さな命。

2015年4月26日、帰宅中のとあるカップルは思いがけない出会いを果たしました。

家の前に、怪我を負った一匹の子猫が…
横たわっていたのは、生後およそ一週間であろう子猫。
目と口のまわりを出血していたうえ、目を開けることすらできない重体でした。

「怪我をしたから、お母さんに捨てられてしまったのかも…」

そう思った二人は、この子猫を家で保護することにしました。
すぐに動物病院へ連れて行こうとするも、運悪くその日は定休日。
二人はひとまず、子猫の顔についた血を拭いてあげることに。

「お願い、明日までなんとか生き延びて…」
この子猫を『ペニー』と名付けた二人は、水を与えながら朝まで看病を続けました。

次の日、ペニーを動物病院で診てもらうと…
診察の結果、怪我の原因は『顔の右側を人間に強打された』ことだと判明。

「目が開くことができないうえに、とても充血しています。
このままでは危ないかもしれません」

獣医にそう告げられ悲しみに暮れるも、二人は決して諦めませんでした。
動物保護団体と獣医のアドバイスを元に、治療を施し続けました。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook