サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 感動

深刻な障がいを抱えてきた子猫。安楽死の直前に運命の出会いが

Pocket

ここでご紹介するのは、障がいを抱えながらも懸命に生きる子猫と、それを見守る優しい飼い主のお話。安楽死の直前の運命的な出会いが、その子猫の未来を変えました。


子猫のジーク

ハッキリとした白黒模様が印象的な、子猫のジーク。頭の中の液体が正常に流れず骨の下に溜まってしまうことで、脳がどんどん圧迫されてしまう病気「水頭症」を患って生まれてきました。さらには、前足が短く、後ろ足が長くなってしまう骨の病気も抱えています。

出典:www.lovemeow.com

そんなジークを引き取りたいという人はなかなか現れるはずもなく、保護されていたシェルターで安楽死を迎える予定でした。ところが、ジークが生後13ヶ月のとき、1人の女性、リサ・ジョーンズさんが里親を申し出てくれたのです。
 
希望の欠片もなかったジークに、救いの手が差し伸べられた瞬間で、ジークの未来が変わった運命の出会いでした。

出典:www.lovemeow.com

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook