サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 感動

殺処分直前だった1匹の犬を救ったのは、一本のハサミでした…

Pocket

殺処分される犬がいていい理由は一つもありません

殺処分直前だった1匹の犬を救ったのは、一本のハサミでした…

「トリマー」
犬の美容師、犬の手入れをする人のことをトリマー(グルーマー)と呼びます。
トリマーの仕事には、毛を整えるトリミングのほかに、
耳や爪の手入れやシャンプーをなどを行うグルーミングも含まれています。

そんなトリマーが、殺処分寸前であった一匹の犬を救ったと話題になっています。

絡まり合った毛の、痛々しい姿で見つかったのはテリアのミックス”チャーリー”君。
チャーリー君は道路を放浪していたところを保護され、
ロサンゼルスの保健所へと運び込まれました。

「僕はクリーム色の、テリアのミックスです。2014年の2月6日にここに来ました。」
「避難所の私の友人には、君は3歳くらいだと言われています。」

と張り紙に記載し、引き取り手を探していることを訴えていました。

残念なことに、チャーリー君を収容している避難所は殺処分率の高い保健所。
このまま引き取り手が見つからなければ、チャーリー君の命の灯火は消えてしまうのです。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook