サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 感動

片足のない余命半年の愛犬と最期に出た旅は「過去の自分」と向き合う旅だった

Pocket

愛する人、愛するペット。自分の愛してやまないものとの別れを経験したことのある人であれば、その辛さは身にしみて分かるのではないでしょうか。
とある男性の愛犬は余命半年と宣告されます。永遠の別れが遠からずやってくると知らされた彼は旅に出たのでした。


余命半年という宣告

アメリカ・ネブラスカ州に住むロバート・クグラーさんの愛犬「ベラ」は、2015年5月にがんと診断され、余命は「もって3か月~6か月くらい」と宣告されました。
この宣告を受けた当時、ベラは9歳。骨肉腫がかなり進行しており、その日のうちに足を切断するか、もしくは安楽死させるよう勧められたといいます。
これを受け、「ベラの足を切断する」と決めたロバートさんは当時学校を卒業したばかり。すぐに就職するのではなく、余命わずかなベラのためにベストを尽くそうと決めたのでした。ロバートさんはのちに、
「家に帰ったら、ベラが冷たくなっていた… そんな事態は避けたかった」
と語っています。

出典:www.facebook.com

ベラと旅に出る

海兵隊員の経験もあるロバートさんは、「海兵隊誕生日」を祝う会に出席するため、ベラを連れてシカゴを訪れました。
そしてそのまま東へと向かい、ナイアガラの滝からニューヨーク、ワシントンDCへと州を越え、旅を続けたそうです。
その旅の様子はInstagramやFacebookで公開されています。

出典:www.facebook.com

出典:www.facebook.com

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook