サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

車いすの男性へそっと近づいた乗務員、その行いに涙がとまりません

Pocket

人を思う優しさが人を幸せにしていきます

車いすの男性へそっと近づいた乗務員

2015年12月8日、中国の海口(kaikou)へ出発する海南航空の機内。
車いすに乗っている男性、ニウさんが、妻と一緒にエコノミー席へ座ろうとしたときです。
入社11年目のベテランの乗務員、パン・シュエイションさんは、空いていた一番前の席をニウさんに提案しました。

同じエコノミー席ではありましたが、真ん中の列より広い空間があり、
ニウさんが足を楽に広げることができます。
そして、トイレにも行きやすい位置でした。

妻とは離れてしまいますが、ニウさんは席を一番前へ移すことにしました。
しかし、機内食が出たときです。

脳卒中で倒れて以来、麻痺で体を自由に動けなかったニウさん。
腕がうまく上がらず、ご飯を食べることができませんでした。
ニウさんが慌てていたとき、席を代えてくれた乗務員のパンさんが近付いて来ました。
彼女は、ニウさんの前でひざまずきながら「よろしければ、私が…」と、
スプーンをそっと持ち上げます。
すると、ニウさんもゆっくりと口を開けて機内食を食べ始めました。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook