サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

殺処分される直前に救出された盲目で耳の聞こえない犬 里親を見つけた

Pocket

殺処分を迎える前に優しい里親に出会えました

殺処分される直前に救出された盲目で耳の聞こえない犬

ペネロペは目が見えず、耳も聞こえない雌犬です。
フロリダ州の”ハイキル”シェルター(殺処分される可能性の高い保護施設)
に連れてこられたペネロペが、
誰かに引き取られるチャンスがあるとは誰も思っていませんでした。
この施設では、スペースが限られているため、
連れてこられるほとんどの犬が殺処分されていました。

特別なケアが必要なペネロペの引き取り手はなかなか見つかりませんでした。
障害があってもペネロペは元気で人懐っこいおとなしい犬で、
子どもたちともすぐに仲良しになることができました。
しかし数ヶ月たった後、
ペネロペはついに処分される犬のリストに加えられてしまったのです。

カナダの動物救助団体Dog Tales Rescueがペネロペの状況を知り、
マイアミの保護施設にある申し出をしました。
彼らはマイアミでの暗い宿命からペネロペを解放し、
カナダのオンタリオ州に連れてきて新たな家族を探すことにしたのです。
Dog Tales Rescueのボランティアスタッフがインターネットに投稿した
ペネロペの視点から書かれた以下のメッセージは、多くの人の心を動かしました。

「こんにちは。
初めまして、私はペネロペです。
7歳のシェパード犬の血を継ぐ雑種で、大分前にマイアミのシェルターに連れてこられました。
さっそくですが、みなさんに重大なことを伝えておかなくてはなりません。
私は特別なケアが必要です。
写真を見ればわかるように、私には目がありません。
耳も聞こえません。誰かに引き取ってもらえるのを何ヶ月も待っていたけど、
誰も私のことを気に入ってくれなかったんです。
たぶん私が特殊たったからでしょう。
その施設にはどんどんほかの犬が連れてこられ、
ついに私も殺処分リストに加えられてしまいました。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook