サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 感動

信じられない数のダニに命を脅かされるも、尻尾を犠牲にして奇跡的な回復を遂げた子犬

Pocket

2015年7月24日、ギリシャの首都・アテネで子犬が保護されました。
この犬の体には、信じられない数のダニが寄生しており、しかも、尻尾の根元には驚くべきことにワイヤーが巻き付いていたのです。


凄まじい数のダニが命を脅かす

アテネの街で1匹のメスの子犬が、動物保護団体によって発見されます。
どうやらその子犬は、誰からも構われることなく、数週間以上さまよい歩き続けていたようです。
その犬の体にはおびただしい数のダニが寄生しており、尻尾の根元はワイヤーでぐるぐる巻きにされていました。

出典:youtu.be

出典:youtu.be

このワイヤーは見るからに人間による虐待。
可哀想なことに、子犬の尻尾には、もはや血液が届いておらず、カチカチの状態になり、毛も抜け落ちてしまっていました。

ダニをピンセットで

獣医師は麻酔をかけ、子犬の顔、耳、体中に寄生している数千匹ものダニを、ピンセットで1匹ずつ取り除きます。
これほどの数ですから、おそらく数時間はかかったのではないでしょうか。
また子犬の血液検査を行ったところ、ダニの吸血により非常に血液が薄くなっていて、もし救助されなければ、あと数日間で命を失っていたであろうことも判明しました。

出典:youtu.be

出典:youtu.be

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook