サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 驚き

九死に一生を得た男性と犬。13階にぶら下がっている犬の救出劇がすごい

Pocket

コロンビアに住む一人の男性が、13階の窓からぶら下がっている犬を救助しました。
この勇敢な行動のすべてをカメラはとらえていました。
あまりにも無謀なその救出方法はある人から「おしかり」を受けたとか。

いったいどんな方法で救助したのでしょうか!


13階からぶら下がる犬

2016年4月、その救助劇は南米コロンビアの首都ボゴダで起きました。
 
どういうわけか、犬が高層アパート13階のバルコニーから落ちかかっているのです。
犬は後脚だけでぶら下がり、頭は真下に向いています。誰が見ても、この犬がいつ落ちてもおかしくない状況でした。
 
道路を歩く人が、犬が必死に耐えている姿に気が付き、あっという間にたくさんの人々が集まってきました。
皆、ぞっとする光景を見上げています。

出典:www.facebook.com

「ルナ」を助けに行く男性

今にも真っ逆さまに落ちそうになっているのは、メス犬の「ルナ」です。
今回の救助劇でルナを助けたのは、ルナの飼い主と知り合いの男性、ディエゴ・アンドレス・デヴィア・イメネズさん。

出典:www.facebook.com

同じ13階に住むイメネズさんは、この緊急事態に気が付き、ルナの飼い主に知らせようと急ぎました。
しかし不運なことに飼い主の女性は外出中。ドアには鍵がかかっていたのです。
 
彼は、自分が助けるしかない! と、12階の住人に許可を得てベランダからモップを使い、優しくルナを押し上げようとします。
しかし、犬に届かずに失敗。もう、犬の体力も限界らしく、前脚がズルッと落ちかけてしまいます。

出典:www.facebook.com

この一刻の猶予を争う状況で、イメネズさんが取った驚きの行動とは…!?

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook