サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 驚き

【奇跡】大好きなおばあちゃんを探し回りついに見つけ出すことのできた猫

Pocket

「犬は人につき、猫は家につく」という言葉があります。
引っ越すとき、犬は飼い主について行くが猫は家から離れようとしないという意味です。
しかしそんな猫の中にも、飼い主に会いたい一心で、一度も訪れたことのない場所でも探し当てることができる猫もいるようです。


おばあちゃんと野良猫の「クレオ」

ここでご紹介するのは、猫の「クレオ」ととあるおばあちゃんのエピソードです。
 
当時イギリス・リッチモンドに住んでいたナンシー・コーエンさんは、グレーとホワイトの毛がフワフワしたかわいらしい野良猫を見つけました。
ナンシーさんはその猫に「クレオ」という名前をつけて一緒に暮らし始めます。
そして、8年前にクレオと一緒にウェストコットへと引っ越してきたのです。
 
ところがナンシーさん、最近は自力で生活することが難しくなってしまい、介護施設に入ることになりました。
しかしクレオを施設に連れていくことはできません…
仕方なく、近所の人に引き取ってもらったのですが、クレオと離れ離れになるのはとてもつらかったとナンシーさんは語っています。
 
こうしてナンシーさんはクレオと別れることになってしまいました。

おばあちゃんを探し回るクレオ

ナンシーさんが施設に入って2週間ほど経ったころ、スタッフたちは施設の周辺に野良猫がうろつきだしたことに気が付きました。
その猫は昼間は建物の周りを歩き回り、ときどき窓から中を覗くような素振りを見せ、夜になると外のベンチでお腹を見せて寝ているといいます。
最初は、スタッフの人たちも施設から離れようとしないこの猫を、
「きっと餌をねだりに来ている野良猫に違いない」
と思っていましたが、毎日触れ合っていくうちに、みんなこの人懐っこい猫のことが好きになり、施設の新しい住居人として認められるまでになりました。
 
しかし、なぜ猫が突然施設の周りに現れてうろつき始めたのか?
その理由は2週間経っても不明のままでした…

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook