サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

射殺覚悟での「脱獄」! 囚人たちが監房を抜け出し、大声で騒いだ理由とは…?

Pocket

アメリカ・テキサス州の拘置所でちょっとした「騒ぎ」が起こりました。
なんと収容されていた囚人たちが監房から集団で「脱獄」したのです!
…と、それだけ聞くと物騒な話ですが、その裏には心温まる理由がありました。


監房を抜け出す囚人たち

2016年6月23日、アメリカ・テキサス州にあるパーカー郡刑務所の地下にある拘置所から、数人の囚人が「脱獄」しました。

出典:www.facebook.com

出典:www.facebook.com

囚人たちは収監されている監房の扉をこじ開け、看守のいる手前のスペースまで次々になだれ込んできます。
実は彼らにはそれをするだけの理由があったのです。

倒れた看守を救おうと

彼らは、この直前まで鍵のかかった扉を隔てて、彼らを監視していた看守と雑談を交わしていたのですが、
なんとその看守が突然意識を失い、椅子から崩れ落ちてしまったのです。
後から、囚人たちは
「看守の男性はその場で死んでしまったかと思った」
と振り返っています。
監視カメラの映像にも、右端に倒れた看守の右手、右足が映り込んでいます。

出典:www.facebook.com

何とか扉をこじ開け、危険を顧みず監房を出て助けを呼んだ囚人たち。
看守に脈はなく、彼らは手錠をかけられた手でドアや壁を叩いたり、大声を出したりしたのです。
これが「脱獄」の真相でした。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook