サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 感動

乳がんの宣告から1年、北斗晶さんが七夕の日に涙を流した理由に胸を打たれる

Pocket

負けないで頑張り続けて欲しいです!!

乳がんの宣告から1年、北斗晶さんが七夕の日に涙を流した理由

常に元気はつらつとしていて明るい印象の北斗晶さんは、2016年に乳がんの宣告を受けました。

北斗さんは、右乳房全摘出手術を受けましたが、がんはリンパまで転移しています。
担当医から「わきまで行ったら5年生存率は50%」と言われたことも明かしており、
これからも抗癌剤・放射線治療などの副作用と戦う日々が続きます。

「実は…1年前の今日7月7日は…
乳癌だって分かった日で。
去年の事を思い出したらね。
あの七夕の日から人生が変わったけど。」

どれだけ辛くても笑顔を忘れず、家族とともに闘病をする姿をブログなどで発信して来た北斗さんですが、
乳癌宣告から約1年たった今、涙を流す出来事があったそうです。

7月7日に森山中の黒沢さん、椿鬼奴さんと食事会の約束をしていた北斗さん。
おいしい食事が終わったあと、サプライズで北斗さんへの誕生日ケーキが登場します。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook