サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

パパみたいな消防士になりたい!癌と闘う3歳の少年に訪れた「奇跡」とは

Pocket

戦う少年に起きた素敵な奇跡

パパみたいな消防士になりたい!

トラッカーの父親は消防士です、幼いトラッカーにとって消防士の父親は憧れのヒーロー。
いつしか彼は父親のような立派な消防士になるのが夢になっていました。

しかしそんなトラッカーが2歳になる前に突然彼を病魔が襲います。
幼い少年を蝕む病魔の正体は「進行性の神経系の癌、神経芽細胞腫」でした。

神経芽細胞腫(神経芽腫)はこどものがん(癌)の代表的なものの1つで、
神経を作る細胞の若いものが悪性化してかたまりになる悪性固形腫瘍の1つです。

懸命な治療をあざ笑うかのように癌は急速に進行します。
幼い少年の闘病する姿に胸が苦しくなります。

両親はトラッカーに少しでも適切な治療を受けさせるために
ハワイからニューヨークに移ることを決断します。

この時付き添えたのは母親のみ、大好きな父親とは離れ離れになってしまいます。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook