サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

9歳の少女がランチの差し入れ 「警察批判」に心を痛めたというその真意とは?

Pocket

差別等の問題が大きく取り上げられる中、子供の素直な声に耳を傾けてみる事も大事です

 「警察批判」に心を痛めたというその真意とは?

アメリカでは今、警察官による黒人射殺事件が相次ぎ、社会問題になっています。

2016年7月5日には南部ルイジアナ州で白人警官に取り押さえられた黒人男性が射殺され、
7月6日には中西部のミネソタ州でも黒人男性が警察官に銃で撃たれて死亡する事件が起きています。

これを受け、全米各地で抗議デモが行われ、
警察官への信頼が揺らぐ事態に陥りました。

そんな中、デトロイトに住む9歳の少女、
マクローリンちゃんが行った、あるプレゼントが話題になっています。

デトロイトに住むマクローリンちゃんは、
おばあちゃんと一緒に見ていたニュース番組で、
警察官による黒人射殺事件を知ったそうです。

テレビの論調は「警察官が悪い。警察を信用するな」という警察批判に終始していました。
しかし、マクローリンちゃんは「本当にそうなのかな?」と疑問を感じたそうです。

「良くない警察官がいるのは事実。
でも、私たちの生活をちゃんと守ってくれるステキな警察官だっていっぱいいる。
イジメられている警察官のために何かをしてあげたい」
※マクローリンちゃんにはイジメられているように見えたそうです

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook