サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

初デート前に告げられた事実「余命3年」 それでも愛を貫いた男性

Pocket

命を大切にする二人の姿に心打たれます

初デート前に告げられた事実「余命3年」 

イギリスのダーラムに住むアンディ・ベルさん(26歳)と、
その恋人のアナ・スワービーさん(24歳)。

一見、幸せそうなカップルの2ショット。
でも実はこのとき、アナさんは末期の脳腫瘍を患っていたのです。

そして、医師から残酷な宣告をされていました。
それは「余命があと3年しかない」ということ。

2人の出会いは2015年2月。
デートアプリを通して何度かやりとりするうちに、
アンディさんはアナさんに「会ってみたい」と思うようになりました。

「今度、一緒に食事に行きませんか?」

アンディさんがアナさんをデートに誘うのに、
それほど多くの時間はかかりませんでした。

OKをしてもらいたいとは思いつつも、
「断られるかもしない」とも感じていたというアンディさん。
しかし、アナさんの返信はアンディさんの予想とは全く違うものでした。

「私は脳腫瘍があって、余命3年と宣告されてるんです。それでも会ってみたいと思いますか?」
「あなたが『会わない』と言っても、理解できるから安心して」

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook