サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

15年間、男性は病院で妊娠中絶された赤ちゃんを埋葬し続けた。しかし母親たちが彼の元を訪れたとき、彼は行動に出る。

Pocket

中絶、尊い命が無責任な行動によって命が奪われる行為です

15年間、男性は病院で妊娠中絶された赤ちゃんを埋葬し続けた

ベトナム人のタン・フォック・フックさんの活動が、今、世界中から注目を集めてます。
「無心の心の持ち主として」賞賛される彼は、この15年間で100人以上の子どもたちの命を繋いできました。
ことの始まりは2001年、妊娠していた妻に連れ添って病院を訪れたときに目撃したことがきっかけとなりました。
タンさんは、病院に、妊娠している女性たちが入れ替わりに入っていく部屋があることに気づきました。
しかし女性たちがその部屋から出てくる際、赤ちゃんがいなくなっているということにも気づいたのです。

具体的にその部屋で何がそこで行われているのかを知るまでは、しばらくかかりました。
タンさんは、この世に生まれてくることができない赤ちゃんがいるという事実に打ちのめただけでなく、
水子はきちんと埋葬されることがないことを知って心を痛めました。
生まれてくることのなかった赤ん坊たちを、せめてちゃんとした場所できちんと埋葬してあげたい。
そこで、病院に中絶された赤ちゃんを引き取らしてもらえないかとお願いしました。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook