サプライズ
カテゴリーボタン

メニューを閉じる✕

HOME> 社会

重い皮膚病に負けることなく、明るく力強く生き続ける22歳の女性

Pocket

明るく力強く生き続ける姿勢を私達は見習わなければならないです

重い皮膚病に負けることなく、明るく力強く生き続ける22歳の女性

香港のムイ・トーマスは、少し特別な22歳の女性です。
しかし22年も生きているということ事態、ムイにとっては奇跡的なのです。
ムイは魚鱗癬(ぎょりんせん)と呼ばれる障害を持っています。
皮膚の代謝機能に異常があり、
表皮細胞が10倍以上の早さで老化するため魚のウロコのように 角化(かくか)していく、
先天的かつ遺伝的な皮膚病です。
皮膚はつねにひび割れるため感染症に弱く、
この病気を持つ人は子供の時に亡くなってしまうケースが殆どです。

ドイツ出身のティナとイギリス出身のロジャーは、
ムイが生まれた香港の病院で2人ともボランティア活動をしていました。
小さなムイとま繋がりを感じた2人は、それから数日おきにムイを訪れるようになります。
しかしムイはその後、知的障害者専門の施設へ送られることが予定されていました。
「ムイを社会から隠すなんて、してはいけない行為だと思った。
ムイに知的障害は無かったのよ。
その時私たちは決断を迫られたの」
そしてティナとロジャーはムイを養子に迎えることを決断します。

ムイは順調に成長し、自信に満ちた元気な女性になりました。
体の傷や、外を歩く時の人の目線は消えることはありませんが、
彼女は誰にだって手を振って笑顔で対応します。

スポンサードリンク

関連記事

総合ランキング
編集部ピックアップ
カテゴリー
タグ
Facebook